サレジオ学院進学館 6年生直前特訓コースのご案内

サレジオ学院進学館では、12月に帰国して受験する生徒や1月自宅で学習準備をする生徒に向けた特別コースの受講生を若干名募集します。
このコースでは、志望する各校の入試問題について専任の講師がオンラインで指導します。以下概要をご覧ください。
サレジオ学院進学館 6年生直前特訓コース概要
【期日】 
平成22年12月1日から12月23日
平成23年1月9日から1月27日 の平日期間

【授業時間】平日(月曜日から金曜日)
午前10時00分~午前11時20分 午前11時30分~午後12時50分
午後1時50分~午後3時10分  午後3時20分~午後4時40分
午後4時50分~午後6時10分  午後6時20分~午後7時40分
午後7時50分~午後9時10分

【費用】
システム使用料 52800円(消費税込・会員生無料)
授業費用 1コマ80分3520円(先生1人に対して生徒2人の授業となりますが、生徒が1人の場合でも授業費用に変更はありません。なお会員生は通常の費用と同じになります。)

【お問い合わせ】
サレジオ学院進学館お問い合わせフォーム(https://freedomsg.net/salesio/toiawase
よりお問い合わせください。

【お申込み】
以下のフォームより必要事項を記入の上、info@freedomsg.netのメールアドレスまでご送信ください。折り返し、確認とお見積もりをお送りします。お見積もり後ご入金の確認をもってお申込みが確定します。

【受付開始】
平成22年11月18日(金曜日)午前10時~

【お申込み用紙】
以下のリンクからダウンロードしてください。
2023salesio_chokuzen

カテゴリー: お知らせ | コメントする

文章題

2022年Aの問題です。

水の入っている水そうAと水そうB、そして、水を汲みだすためのポンプが何本かあります。また、水そうAに入っている水の量は水そうBに入っている水の量の2倍です。はじめの20分は、全てのポンプを使って水そうAの水を汲みだします。次に、ポンプの数をちょうど半分ずつに分け、半分で水そうAの水を、もう半分で水そうBの水を汲みだします。すると、ちょうど20分で水そうAのすべての水を汲みだすことができましたが、水そうBにはまだ水が残っていました。そこで、ポンプの数を変えて水そうBの水を汲みだすと、さらに12分で水そうBのすべての水を汲みだすことができました。このとき、次の問いに答えなさい。ただし、すべてのポンプとも1分あたりに汲みだす水の量は一定であるとします。
(1)「汲みだす前の水そうAの水の量」に対する「はじめの20分で汲みだした水の量」を、もっとも簡単な分数で答えなさい。
(2) 最後の12分で汲みだした水をすべてのポンプを使って汲みだそうとすると、汲みだすのに何分かかりますか。
(3) ここまでの条件では、はじめにあったポンプの総数は決まりません。
ここまでの条件をすべて満たすポンプの総数のなかで最も小さい数を答えなさい。ただし、途中の考え方も書きなさい。
【式と考え方】

【解説と解答】
(1)最初の20分で全てのポンプを使ってAの水を出したので、すべてのポンプが1分間で出せる水の量を【2】とすると【40】です。
一方次の20分では半々にしたので、その20分ではAもBも【20】ずつ汲みだしました。Aは空になったので、Aに入っていた水は【60】ですから、40÷60=2/3
(答え)2/3

(2)
BはAの半分ですから【30】です。そのうち【20】は次の20分で出しているので、残りは【10】これを全部のポンプを使えば【10】÷【2】=5分でなくなります。
(答え)5分

(3)最後の12分で出した水の量は【10】ですから1分あたり【5/6】です。したがって
この量を1台でだすと、【1】は1.2本になります。これを整数にするには【1】=6本になるので、【2】=12本
(答え)12本

カテゴリー: 入試問題解説 | コメントする

速さに関する問題

2022年の出題です。

下の図のような,A駅とB駅の間にある公園に行くのに,手前にあるA駅で電車を降りて歩いて行くより,一つ先のB駅で電車を降りて歩いて行く方が2分早く到着できます。A駅とB駅の間の道のりは3kmで,電車の速さは時速45 km, 歩く速さは時速4.2kmでそれぞれ一定の速さとするとき,公園はB駅から何kmの所にありますか。

【解説と解答】
時速45kmで3kmを移動すると4分かかります。
Bについたとき、Aからスタートするとすでに4分進んでいますが、結局2分早くつくので、Aから向かうのとBから向かうのでは6分の差があることがわかります。
時速4.2kmで6分いくのにかかる速さは0.42kmですから、
(3-0.42)÷2=2.58÷2=1.29
(答え)1.29km

カテゴリー: 入試問題解説 | コメントする

サレジオ学院 学校見学ウィーク

5月7日から5月27日までの間、サレジオ学院の学校見学ができます。

ただし、抽選制ですので、以下からお申込みください。

サレジオ学院 イベント

カテゴリー: お知らせ | コメントする

サレジオ学院 学校説明会動画配信

先日行われたサレジオ学院の学校説明会の動画が配信されました。

サレジオ学院学校説明会動画

公開は2022年7月20日までですので、お早めにご覧ください。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

サレジオ学院 理科演習が完成しました。

フリーダムオンラインの学校別ゼミのサレジオ学院 理科演習コースがスタートしました。

サンプルは、無料体験登録後にご覧いただけます。
フリーダムオンライン 無料体験登録

ぜひご覧ください。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

平面図形に関する問題

2021年A試験の問題です。

3つの角が30°,60°,90°の三角形を三角形(あ)とします。
このとき,次の問いに答えなさい。
(1) 三角形(あ)は,60°の角をはさむ辺の長さの比が必ず2:1になっています。その理由を説明しなさい。
(2) 図1のような二等辺三角形の面積を求めなさい。
(3) 60°の角をはさむ辺の長さが8cm,4cmの三角形(あ)を2つ使って,図2のような二等辺三角形ABCを作ります。
  また,辺BC上にCD=3cmとなるように点Dをとり,辺AC上に角アと角イが等しくなるような点Eをとります。このとき,三角形BDEの面積を求めなさい。ただし,途中の考え方も書きなさい。

【解説と解答】
(1)

三角形(あ)を右図のように2枚、組み合わせた三角形は∠ABCと∠ADCと∠BADが60°になるので、正三角形。
したがってABはBDと等しくなり、BDはBCの2倍になるので60°をはさむ辺は必ず2:1になる。

(2)

(1)からAD=8÷2=4cm
三角形ABC=8×4÷2=16cm2
(答え)16cm2

(3)

∠アと∠イが同じで∠ABCと∠ACB=30°ですから、三角形ABDと三角形EDCは相似。
図でEからBCに垂線を下ろし、BCとの交点をG、BCの中点をFとすると
AF:EG=4:EG=BD:DC=BD:3
EG×BD=4×3=12より三角形BDEの面積は12÷2=6cm2
(答え)6cm2

カテゴリー: 入試問題解説 | コメントする

サレジオ学院2022年募集要項

サレジオ学院2022年募集要項が発表されています。

サレジオ学院2022年募集要項

カテゴリー: お知らせ | コメントする

サレジオ祭延期

9月18日、19日に予定されていたサレジオ祭は10月に延期されました。

なお延期されてもリモートによる開催で一般公開はありません。新たな日程はわかり次第またお知らせします。

サレジオ祭 延期のお知らせ

カテゴリー: お知らせ | コメントする

サレジオ学院 算数演習完成しました。

フリーダムオンラインの学校別ゼミのサレジオ学院 算数演習コースがスタートしました。

サンプルは、無料体験登録後にご覧いただけます。
フリーダムオンライン 無料体験登録

ぜひご覧ください。

カテゴリー: お知らせ | コメントする